ダイレクト・リンクは、インサイドセールスを活用した販売をリードするプロフェッショナルです。

トップ > 事業内容

事業内容
インサイドセールスとは
法人営業に特化した、営業部門の一機能としてのインサイドセールス
■一般的なコールセンターサービスとの違い

営業機能の強化の施策として、コールセンター機能を取り入れる企業は数多くありますが、その多くは、一般的なコールセンターを活用しており、効果的な結果を残せずにいます。
原因は、コールセンターの持つ、そもそもの機能・組織体制・人員が「営業」に特化していないことではないでしょうか。
インサイドセールスは、この問題を解決すべく、採用、管理体制から、インフラに至るまで、売上を上げる、「営業」としての機能を主眼に置いた組織です。
従来の営業体制から、一歩進んだ強化体制をとるための、起爆剤となるサービスを提供します。

  インサイドセールス コール(コンタクト)センター
活用ポイント 継続的な対応(リレーションセールス)
具体的な売上計上に向けた、セールスアクション。
必要に応じて、担当者発掘、案件発掘、訪問アポイント取得、見積提示など、臨機応変な対応を取る。
営業の一部として活用。
単発的な対応。
サポート、問い合わせ窓口や、純粋なアポイント取得など、限定された職域において、機械的な処理が必要な場合に活用。
担当業務 営業活動 リサーチ、サポート、問い合わせ窓口、テレアポなど
成果・効果 売上げに結びつく具体的な案件発掘。
売上げ、案件発掘の向上のための、担当者発掘、訪問アポイント取得。
リサーチ結果、単純なアポイント、お客様の声、サポート、問い合わせ窓口としてのCS効果
会話内容 企業の担当営業としての「商談」
取引先企業の組織体制や、予算編成などの情報を把握し、案件の発掘・提案と販売活動を行う。
データベースを駆使して、外勤営業部門や、WEBとの連携の中心に立つ。
能動的な対応。
トークスクリプト(会話内容の台本)に沿って、機械的に切り分け、対応を行う。
あらかじめ設定された責任範囲外のことには対応できず、上司にエスカレーションする。
受動的な対応。
主な取引形態 B to B(中小・中堅以上の企業) B to C(またはSOHOレベル)
部署としての位置づけ プロフィットセンター コストセンター
当社のサービス
■インサイドセールスのアウトソーシングサービス

当社がご提案する“インサイドセールス”は、クライアント企業様の営業部門として、
顧客の掘り起こし、受注獲得までを一括コントロール、確実に売上へ結び付けます。

  • 売上および案件目標数値を設定し営業活動を実施。
  • アウトバウンドコールを中心に、さまざまな情報をリアルタイムで管理。
  • コミュニケーションを繰り返すことで新規顧客の獲得及び既存顧客との関係を構築し、エンドユーザの潜在ニーズを発掘し、クライアント企業様の販売を支援します。
  • 顧客管理・案件管理・販売実績のみならず、マーケティングリサーチ結果や営業の活動指標を数値化し、データベースで一元管理します。
  • 蓄積したデータを活用してレポート化し、幣社独自の分析・戦略策定プログラムを元に、販売力の最大化、および新戦略の立案をします。
■商流をインサイドセールスによりコントロール
■インサイドセールスを軸としたダイレクト事業コンサルティングサービス

法人向けの営業コールセンターを中心とした、営業・及びマーケティングオペレーションのコンサルティング、導入及び実行を行います。
クライアント企業における人的リソースの確保と、他部署との情報共有・連携方法、営業コールセンターを中心としたデータベース構築と運用方法、また、マネージメントシステムなどについて、企画から実行段階までを行います。

■インサイドセールスを活用した物販事業

コンピューター・周辺機器・ソフトウェアの販売

お問合せはこちらまで:物販事業部 03-3568-7221
ビジネスモデル 基本コンセプト
不況下でも売上を大きく伸ばす、新しい法人営業体制「セールスミックスモデル」

ダイレクト・リンクでは、インサイドセールスによるきめ細かな顧客サービス、外勤の対面営業による深い信頼感、そこにインターネット通販等のオンラインによるマーケティング情報を絡め、内、外、オンラインの3つのチャネルがそれぞれのメリットを生かし、補完しあいながら、セールスを強力に推進していく「セールスミックスモデル」をご提案します。
すべての営業チャネルの実行と、それぞれにあったマーケティング活動を俯瞰的にマネージできる「仕組み」を構築し、3つのチャネルの効果的な連携と融合により全体の売上と利益を最大化します。

詳しい資料をご希望の方はこちら
お問い合わせ
Page Top